(決算)2020年の投資結果&総資産状況(振り返り)

投資
Photo by Kelly Sikkema on Unsplash

2020年もあと僅かとなりました。

年末年始にブログを書く気力は無さそうなので、今の内に「今年の投資結果」と「総資産状況」をまとめたいと思います(笑)

イエパパ
イエパパ

来年は「休み?そんなの必要ないね(フッ)」とか言えるようなパワーのある人間になりたいなぁ・・・(無理)

スポンサーリンク

日本株の投資結果まとめ

年末に向けてやや下落中の日本株ですが、とりあえず現状はこんな感じ。(PC表示推奨です)

名称保有数配当利回り取得単価取得金額現在単価現在金額損益額損益%
(株)ブリヂストン103.04%3,46234,6203,45134,510-110-0.32%
CDS(株)274.05%1,21232,7241,35836,6663,94212.05%
(株)日本ケアサプライ202.79%1,31826,3601,64732,9406,58024.96%
日本エス・エイチ・エル(株)93.10%2,09118,8192,45222,0683,24917.26%
(株)ユー・エス・エス92.73%1,76415,8762,03518,3152,43915.36%
(株)アビスト103.54%2,41224,1202,88428,8404,72019.57%
(株)アサンテ1004.14%1,446144,6001,448144,8002000.14%
東京センチュリー(株)41.70%4,19516,7807,99031,96015,18090.46%
オリックス(株)214.94%1,39329,2531,53932,3093,05610.45%
三菱UFJリース(株)425.24%48420,32848720,4541260.62%
三菱UFJリース(株)1005.24%47647,60048748,7001,1002.31%
ニホンフラッシュ(株)112.16%1,29814,2781,29814,27800.00%
(株)TAKARA & COMPANY122.85%1,86722,4041,89222,7043001.34%
伊藤忠商事(株)73.02%2,22215,5542,91120,3774,82331.01%
三菱商事(株)155.25%2,33835,0702,55538,3183,2489.26%
三菱商事(株)1005.25%2,495249,5002,555255,4505,9502.38%
蔵王産業(株)223.37%1,34329,5461,33729,414-132-0.45%
旭化成(株)433.31%83535,9051,02944,2268,32123.17%
(株)アマダ172.76%92715,7591,08618,4622,70317.15%
コマツ101.56%2,12921,2902,75627,5606,27029.45%
(株)三菱UFJフィナンシャル・グループ865.52%43337,23845338,9751,7374.67%
(株)三菱UFJフィナンシャル・グループ1005.52%44244,20045345,3201,1202.53%
(株)三井住友フィナンシャルグループ126.02%2,92435,0883,15437,8482,7607.87%
(株)三井住友フィナンシャルグループ1006.02%3,073307,3003,154315,4008,1002.64%
(株)インテージホールディングス192.08%80115,2191,15521,9456,72644.19%
(株)エックスネット332.91%96831,94496231,746-198-0.62%
兼松エレクトロニクス(株)43.30%3,68814,7524,09016,3601,60810.90%
日本電信電話(株)133.79%2,50732,5912,63734,2811,6905.19%
KDDI(株)1003.96%2,709270,9003,032303,20032,30011.92%
沖縄セルラー電話(株)23.51%3,6837,3664,3858,7701,40419.06%
JT207.01%2,01740,3402,19743,9403,6008.92%
ENEOSホールディングス(株)3006.06%364109,200363108,900-300-0.27%
(株)センチュリー21・ジャパン223.54%1,16225,5641,13024,860-704-2.75%
第一生命ホールディングス(株)254.03%1,34733,6751,53738,4254,75014.11%
東京海上ホールディングス(株)64.49%5,10030,6005,23731,4228222.69%
2020年12月25日 時点(データはYahooファイナンスにて作成)

合計31銘柄に分散投資しています。

上記の内、NISA口座で保有しているものは以下の通り。

次男のジュニアNISA口座:アサンテ、三菱UFJリース、三菱商事、三菱UFJ FG、三井住友FGの合計5銘柄。(各100株)

自分のNISA口座:ENEOS HDの1銘柄。(300株)

次男のジュニアNISA口座分は、2ヶ月くらい悩んで厳選した銘柄です。(日本株を一括投資で買うのは、勇気が要りましたね)

ENEOSは「割安感」「NISA枠の余り」「業種の分散」で衝動買い。多少の減配には目をつぶって、コロナの収束まで握力強めに握ってみようかなという感じ。

減配さえしなければ、NISA口座で6%の配当金がもらえるので、何とか頑張ってコロナ禍を耐えて欲しい所です。

イエパパ
イエパパ

日本株は、夏を過ぎた辺りから「ほぼ割高」な状況になってしまいました。上記31銘柄中、自信を持って買い増せるのは5銘柄くらいです。

今後は、10万円を15銘柄に分散するといった買い方ではなく、その時々で割安と判断できる株に限定して投資する形になると思います。

日本株の投資結果まとめは、以下の通り。

総投資金額1,886,363円
現在金額2,023,742円
含み損益+137,379円
含み損益率+7.28%
配当金(年間見込・税引後)84,095円
実質配当利回り(税引後)4.46%
1ヶ月当たり配当金(見込・税抜)7,008円
イエパパ<br>
イエパパ

見込みではありますが、毎月7千円の配当金がもらえるって、嬉しいですね。上記は「配当控除」を考慮していないので、実際にはもう少しもらえるはずですが、コロナ禍での減配リスクもありますから、これくらいで考えておいた方が無難かなと思います。

米国&世界株の投資結果まとめ

※下記の画像は、いずれも2020年12月25日現在のものです。

↑自分のSBI証券口座(NISA)
↑長男のSBI証券口座(ジュニアNISA)
↑奥さんの楽天証券口座(つみたてNISA)

上記について、ETFと投資信託でそれぞれまとめると、下記の通りになります。

①米国株(ETF)の投資結果まとめ ※1ドル=103.64円として円換算

総投資金額1,258,328円
現在金額1,372,306円
含み損益+113,978
含み損益率+9.06%
配当金(見込・税引後)45,004
実質配当利回り(税引後)3.58%
1ヶ月当たり配当金(見込・税抜)3,750円

②米国&世界株(投資信託)の投資結果まとめ

総投資金額1,197,009円
現在金額1,262,870円
含み損益65,861
含み損益率5.50%

米国株全体(特にS&P500)は、コロナショックから完全復活しましたね。正直な所、もっと長く「買い時」が続くと思っていたので、この状況はあまり嬉しくはなかったり…。

米国高配当株については、10月頃までは買い時が続いていたのですが、突然大きく値上がりしました。

ここで僕は、一つルールに背く行動をしてしまいました。

「毎月の自動積立を停止してしまった」のです。

毎日、株価をチェックしていたので、急激な値上がりを見て「一時的なものだろうから、落ちるのを待って買おう」と考えたんですね。

しかし、その後、待っても待っても暴落は訪れませんでした。

結局、NISA枠が勿体ないという事もあって、高値で渋々買う羽目になり、平均取得単価がその分上がってしまう事に。

イエパパ
イエパパ

積立設定をそのままにしておけば、高騰し始めた辺りで買えたんだよね。まさか、そこからほぼ下がらずに上がり続けるなんて、予想できなかったです。(特に、SPYDが強くて驚いた!)

しかしまぁ、これは結果論であって、通常であれば10%以上も高騰すれば直後にそれなりの戻しがあるものです。

「ルール違反」は問題ですが、SPYDは減配が続いていた事もあり、「愚直な積立」を継続する事に迷いが生じていたのも事実です。(ある意味『良くぞ動けたな自分』という感覚もある)

今もSPYDをHDVに切り替えるかどうか、迷いに迷っていますし(苦笑)

投資信託は「高値掴み」をしている感覚ですが、「長期的には右肩上がり」という前提でやっているので、感情に振り回されずに続けていくしかないと思います。

投資結果の総まとめ⇨来年に向けて

投資結果をシンプルにまとめると、こんな感じになりました。

  • 日本株に約189万、米国株に約166万、世界株に約80万=合計435万円を投資
  • 毎月の配当金(見込・税引後)は約11,000円
  • 投資金額全体で考えると、配当利回りは約3%(税引後)

別に狙った訳ではないのですが、投資信託を含めた全体金額で考慮しても、配当利回りが3%あったのは驚きました。

僕のセミリタイア計画は、4,000万円✕3%=120万円(毎月10万円)が最低目標なので、投資信託にお金を回しすぎるのはNGかなと思っていましたが、ひとまずは安心です。

イエパパ
イエパパ

今は高配当株投資が「割高感」で買いにくいから、こういう時はインデックス投資信託に逃げるのも一つの手かなと思ったり・・・どうせ、10年以上のスパンで持ち続ける訳だしね。

来年以降は、さらに高配当株が買いにくくなるのか、コロナが抑えきれずに再び暴落が起こるのか、全く読めませんね。

いずれにせよ、高配当株は割安な価格に落ちた時を狙って買うようにしたいです。

ただ、それだけでは「全く株が買えない」という状況に陥る可能性もあるので、ある程度は割り切って買い増しを行う必要があります。

今は定期積立を解除してしまっていますが、来年からはVYMだけでも定期積立を再開すべきかなと思います。

SPYDについては、HDVに切り替えるかも含めて、年末年始にボーッとしながら考えようかなと・・・(個人的には買い続けたいんですけどね)

日本株は、今まで通りに保有銘柄の中から割安株を割り出して、コツコツ積立していく感じでしょうか。

最近は投資系のYOUTUBERさんが増えた事もあり、日本の個別銘柄はかなり買いやすくなったように思います。「アサンテ」は、とあるYOUTUBERさんが紹介していたのを見て「これだ」と思って買った銘柄でもあります。

今年は優待銘柄を2つ(KDDI、アサンテ)取得できたので、チャンスがあればオリックスやJTも単位で買えたら嬉しいです。

株主優待で色々できると、奥さんも投資にもっと興味を持ってくれる気がするので(笑)

イエパパ
イエパパ

あと、今すごく気になってるのが「J-REIT」ですね。

株がどんどん割高になっていく中で、回復が遅れているのが「J-REIT」です。

利回りは軽く4%超えで、景気が回復すれば値上がり益も期待できるので、ポートフォリオの10%くらいまでは買うのもアリかなと。

今なら40万円くらい買っても良いので、こまめにチャートを見て「今だ」と思ったら、一気に買う感じで。

今年はNISA枠をなかなか消化しきれず、微妙な買い物をしてしまった感もあるので、来年は「買い時」にキッチリと資金を投入できるように目を光らせたいと思います。

総資産の状況(2020年末)

2020年末の総資産状況をまとめてみました。

資産の種類金額(円)備考
有価証券(含み損益込み)4,658,9182020年の投資総合計
現金18,432,610SBI、楽天、地銀に分散保有
その他運用中500,000auカブコム証券の投信キャンペーン
貯蓄性保険(変額・学資)717,173現時点での「解約返戻金」の合計
総資産合計24,308,701
イエパパ
イエパパ

分かっちゃいたけど、目標には程遠い・・・(あと、現金が多すぎる)

一応、ブログを始めた当初(2月頃)に比べて、200万円ほどは資産が増えました

ただ、この殆どが「給与収入(貯金)」なので、増加ペースは「鈍い」と言わざるを得ません。

有価証券が大暴落すれば簡単に200万円以上も減ってしまうので、もっと入金力を高めなければセミリタイアが「絵に描いた餅」になる可能性があります。

憎き「働き方改革」により、残業代が大きく減った事も痛手となりました。来年以降はさらに締め付けが厳しくなるので、一層の収入減が予想されます。

残業なしの手取りから、現在の生活費を引くと、年間100万円も貯金できません。

今はボーナスが出ているので何とかなっていますが、コロナウイルスの状況次第ではボーナスの減額も有り得ますから、来年は実に厳しい年になると言えるでしょう。

イエパパ
イエパパ

簡単に「残業ゼロ」とか言ってくる上司の顔を見ると、怒りが込み上げて来ます。しかし、会社も厳しい未来を見据えて行動しているので、恨み言ばかり言っても仕方がありません。

来年に向けての抱負

イエパパ
イエパパ

結論:ガチで副業、やるしかない!!

もうね、これに尽きますね。

副業に関しては、このブログ以外に全く手を出していない状況であり、せっかくgoogleアドセンスに受かったのに、更新は月イチまで落ちたのが本当に勿体なかった。

それというのも全て「憎き働き方改革」のせいなのですが、こればかり言い続けていても仕方がありません。

幸い(?)上司は「お前が出来ない仕事は俺がやる(から帰れ)」と連呼していますから、今後は遠慮なしに「マジで押し付ける」事にしたいと思います。

イエパパ
イエパパ

もうね、他人の事なんざ、どうでもいいや。9年後には居ない場所に気を使い続ける事の無意味さを痛感。絶対に、管理職になる前に会社から消えてみせる!!

これからは「どうやって仕事を他人に押し付けるか」をもっと真剣に考え、使える外注勢力を増やし、本当の意味での「定時帰り」を実現していくしかありません。

ブログは最低でも2日に1回更新。ネタは何でもいいので、やるっきゃないですね。

ただし、自分のためではなく、見た人の役に立つ記事を書くようにはしないといけません。

(このブログは超がつくほど過疎ってますが、それでも節約や投資の記事は少しだけアクセスがあります。ほんの少しでも、お役に立てていれば幸いです)

朝書こうが、帰宅途中にファミレスで書こうが、それこそ何でも良し。こだわりは足枷にしかならない。

がむしゃらにやって、まずは月1万円を本気で目指してやる、これで行こうと思います。

イエパパ
イエパパ

書きたい事が色々あるし、年末年始も出来るだけ更新したいな〜とは思ってます。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました